業務案内に戻る
    ■産業廃棄物処理
当社ではコンクリート塊の中間処理と最終処分(安定型埋立)を行っています 

案 内 図  注意事項

処理施設

取扱い種類

処分場所在地

処理能力

中 間 処 理
(破砕・選別)

 ・コンクリート塊

  北見市本沢490-2
  北見市留辺蘂町泉294-16

破砕 130 t/h
破砕 100 t/h

 ・廃プラスチック、ゴムくず

  北見市本沢490-1

破砕 2.44 t/h(廃プラ)
   3.63 t/h(ゴム)

最 終 処 分 場
(安 定 型)

 ・がれき類

 ・金属くず

 ・廃プラスチック類

 ・ゴムくず

 ・ガラスくず、コンクリートくず

  及び陶磁器くず

 北見市本沢651-1

面積 11,834 ㎡

容積 79,233 ㎥

  
産業廃棄物処理法に基ずく廃棄物処理施設の

維持管理に関する情報の公開

 維持管理計画
 ●維持管理情報 平成27年度
平成28年度
平成29年度
平成30年度
産業廃棄物収集運搬

収 集 運 搬 物

汚泥、廃プラスチック類(石綿含有産業廃棄物を含む。)、木くず、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず(石綿含有産業廃棄物を含む。)、がれき類(石綿含有産業廃棄物を含む。)。積替保管なし

運 搬 車 両

2t~10t貨物車、ダンプ車を取り揃えています